横浜国際アーティスト教育協会(YISAE)
横浜国際アーティスト教育協会(YISAE)について
お問い合わせ サイトマップ
ホーム ヨーロッパスタイルピアノ認定講師 パートナープレイヤー オーディション マスタークラス セミナー
yokohama international society artists & educators
ホーム
ヨーロッパスタイル
  ピアノ認定講師
パートナープレイヤー
オーディション
マスタークラス
セミナー
Gyula Kiss(ジュラ・キシュ)プロフィール

ハンガリー政府より、フランツ・リスト賞を授与された、ピアニスト・ジュラ・キシュは、1944年ハンガリー ブダペスト生まれ。6歳からプロとして演奏活動に入った天才である。

ジュラ・キシュは1966年、ハンガリーのリスト・バルトークインターナショナルコンペティションに入賞し脚光を浴びる。また、ハンガリーテレビ・ラジオコンクールで1位を得る。1967年、1968年、イタリアのタオミナに於けるCISM国際ピアノコンクールに於いて、1位、グランプリを受賞する。この年リスボンにて、国際ヤングピアニストフェデレイションの招待演奏を行い大成功を収めた。その後、ジュラ・キシュはハンガリーの最も期待するピアニストとして、ハンガリーの主要オーケストラと共演し、テレビ、ラジオ、そして、レコーディングと精力的に活動を始め、現在も進行中である。

1970年前半は、オーストリア、チェコ(プラハの春)、イタリア、フランス、ギリシア、(アテネフェスティバル)、スペイン(グラナドェスティバル)、西ドイツ等の国々においてコンサート活動をする。1973年、ハンガリー国立交響楽団のソリストとして、カナダ、アメリカ、(カーネギーホールのリサイタルを含む)で演奏を行う。1974年、オーストラリア・オペラハウス、シンガポール、日本においてコンサートツアーを行う。1975年から1985年は、客演奏者として、ソビエト(現ロシア)、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア、東ドイツ、イギリス、オランダ、etc...で演奏を行う。1985年から1988年は、武蔵野音楽大学において客員教授として来日する。1989年から現在において、各国の主要オーケストラでソリストとして演奏を行っている。1995年リリースされたバルトーク集のCDは、アメリカで好評を得る。1998年、一晩でベートーヴェンのピアノコンチェルト3番、4番、また、二晩連続でベートーヴェン、チャイコフスキーのピアノコンチェルトを演奏し、またその間、リスト音楽院の大ホールでリサイタルを行う等、エネルギッシュな活動を行っている。1999年3月から2003年3月まで韓国のYeungnam Universityのピアノ科客員教授として就任。2000年2月、東京オペラシティコンサートホールと沖縄市民会館大ホールにおいてソロリサイタル『癒しの原点』を行い、好評を博す。同月、横浜にてCIALミレニアムコンサート2000、に客演奏者として出演。8月に行われた、サマーセミナーin湘南国際村の特別講師として来日。同年12月、東京、浜離宮朝日ホールにおいて、ジュラ・キシュ&後藤宏一ダブルリサイタル『ロマンティックな夕べ』を行う。2000年、フンガロトン社より『Beethoven-LisztSymphonies Nos1-9 Piano Version』がリリースされ、ベートーヴェン作曲リスト編曲、交響曲5番、7番を演奏している。2002年、同社より、3枚組CD『FIFTY YEARS OF HUNNGAROTON』がリリースされ、シフラ、アニー・フィッシャーを筆頭に、Disk2でリストの「忘れられたワルツ」を演奏している。他にも、アンドラーシュ・シフ、ゾルターン・コチシュ、ディジュー・ラーンキ、イエネ・ヤンドー等が収録されている。2007年から2009年も韓国のYeungnam Universityのピアノ科客員教授として迎えられる。

リスト音楽院での師はパール・カドシャ、イタリア給費留学時代の師はニキタ・マガロフである。現在、Leo Weiner Conservatory of MusicとWest Hungarian University主任教授、ハンガリー国立リスト音楽院でも教鞭をとっている。ソリスト、室内楽三重奏と演奏も精力的におこなっている。2010~2013年、第1~4回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール審査委員長を務める。2014年4月3・4・5日、第5回ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール審査委員長を務める予定。
Szenthely Miklós(セントヘイ・ミクロ―シュ)ヴァイオリン

1952年ブダペストに生まれる。
‘73年ハンガリー国立リスト音楽院を優秀な成績で卒業し、卒業後すぐにコバーチ・デーネシュの推薦により、リスト音楽院のアシスタントプロフェッサーとなる。

‘71年レオ・ヴァイネルソナタコンクール第2位、’73年同コンクールでは、アンドラ―シュ・シフと共演し、第1位入賞。
‘75年ハンガリー放送局バイオリンコンクールにて、第1位に加え審査員賞受賞。これを機に世界的に活動を始める。その他の国際コンクールでも受賞多数。

ヨーロッパのほとんど全ての国を始め、日本、ブラジル、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、キューバ、カナダ、アメリカなどにソリストとして招かれる。特にアメリカには10回以上の公演ツアーを行い、チェリストのレオナルド・ローズと3回の共演を果たす。

ブダペスト交響楽団のレギュラーゲストソリストとして、少なくとも30回の国外公演を行い、また、ハンガリアン・ヴィルティオーゾ室内楽団を自ら設立し、同室内楽団と100回以上共演。また、同時にソロ活動も積極的に行う。

フンガルトンレーベルよりオーケストラ、室内楽、ソロを含む11枚のCDをリリース。
2002年バッハのソナタとソロヴァイオリンのためのパルティータの全てを録音し、それを一晩で演奏する。
88年よりリスト音楽院で教鞭を取り、多数の優秀な後進を排出する。
アメリカのグリーンスボロフェスティバルに客員教授とマスタークラスのリーダーとして5回招かれる。フィンランドには6回招かれる。

これまでに’86年リスト賞、’90年MSZOSZ賞、’94年ハンガリー共和国より勲章、2000年ヴィルモシュ・タートライ記念リング賞、’08年コシュート賞(ハンガリー国内の文化賞としては最高の賞)を受賞。
Jenő Jandó(イエ―ネ・ヤンドー)ピアニスト

1952年ハンガリー南部の町ペーチの音楽一家に生まれる。

7歳より高名なピアニストである母からピアノの手ほどきを受け、16歳でブダペストのリスト音楽院に入学、カタリン・ネメシュとパール・カドシャに師事。入学して2年後の1970年にはハンガリー放送主催のベートーヴェン・ピアノコンクール第3位、1972年にはシフラ国際ピアノコンクール第2位、1973年にはハンガリー・ピアノコンクール第1位、1975年にはミラノ・スカラ座主催の第1回ディノ・チアーニ国際ピアノコンクール第2位、1977年にはシドニー国際ピアノコンクール室内楽部門第1位と入賞を重ねた。リスト音楽院を卒業後はカドシャ教授の助手として同校に残り、1985年からリスト音楽院の教授を務める。後進の指導にあたるかたわら、国内はもとより東西ヨーロッパ、カナダ、日本で活発な演奏活動を展開、わが国には1979年に初来日以来、来日は15回を数える。旺盛な録音活動にも瞠目すべきものがあり、ナクソス・レーベルには独奏曲、協奏曲、室内楽曲を合わせてすでに100枚近いCDをリリース、そのいずれもが曲の本質を端的に突く演奏として各国で好評を博し、売り上げは年に35万枚以上を数え、現在世界でもっともCDが売れているピアニストといわれる。鋭い直感力、卓越した理解力と表現力はまさに超人的といって過言でない。このほかフンガロトン、コッホ・シュヴァン、レーザーライト、ドイツ・グラモフォンの各レーベルにユニークな録音があり、フンガロトン・レーベルでは、リストの死後出版作品の録音で1992年度ハンガリー・リスト協会グランプリを受賞した。ナクソス・レーベルでは現在、全75巻に及ぶ大プロジェクト、リスト・ピアノ曲全集の中核を担うピアニストとして、協奏曲を含むリストの主要なピアノ曲の録音に精力的に取り組む一方で、バルトーク全集もリリースされ始めたが、そのあふれ出るエネルギーは愛好家を驚愕させている。 これまでバルトーク‐パストリ賞を受賞したほか、ハンガリー国の最高位賞であるコシュート賞を受賞した。
Erzsevet Farkas(エリジェベート・ファルカーシュ)ソプラノ

幼少よりピアノの教育を受け、高校在学中に作曲や音楽理論を学ぶ。デブレッツェンのリスト音楽院をソプラノ歌手・ソリストとして、また教育者として、マスターズディプロマを取得し、卒業をする。

エヴァ・セルダヘイ‐ライチ氏に師事。大学在学中からチョコナイ劇場にて精力的に活動を始める。卒業後は大学にて後進の指導を行うかたわら、ハンガリーを始めとし、国内外でオラトリオ、カンタータ―、また古典派から現代音楽までのオペラ、オペレッタを含む幅広いジャンルでの演奏活動を本格的に始動する。ハンガリーソンバトヘイ交響楽団のソリストを10年間勤め、オーストリア、ドイツ、スロヴァキア、ロシア、フランス、ベルギー、フィンランド、スウェーデン、イギリス、韓国などで同交響楽団のソリストとして数々の演奏を行い好評を得る。1991年、オーストリア、グラーツにて国際モーツァルトシンポジウムに、ソリストとして参加する。1993年、フランス、Prieure de St-Julieb-d’Olargues

Baroque フェスティバルにオラトリオのソリストとして出演する。1998年より2004年まで、オーストリア・ウィーン・ワルツオーケストラ、ウィーン・モーツァルトオーケストラ、ウィーン・J・シュトラウス・ワルツ・オーケストラのソリストとして、韓国、中国(香港を含む)の各主要都市にてコンサートツアーを行う。2009年から現在まで、ハンガリー、ヘヴェシ・シャンドール劇場にて、主役歌手への指導を始める。

日本でファルカーシュ氏を紹介するのは今回が初めてである。
Gergely Kiss(ゲルゲイ・キシュ)チェロ

1986年、音楽一家に生まれる。ハンガリーで著名なピアニスト、ジュラ・キシュの二男でもある。チェロを7歳から始める。

2006年、ハンガリーのリスト音楽院に入学。世界的に定評があるチェリスト、ミクローシュ・ペレーニに師事する。2011年6月6日、卒業コンサートを行う。2012年、ディプロマを得てリスト音楽院を卒業する。数々のマスタークラスを受講。室内楽奏者、ソリストとして活躍中。ハンガリー、ブタペストのズグローホールにおいてJ・ブラームスのダブルコンチェルト、ドボルザークのコンチェルト、ブダペストのセントシュテファンバシリ・カパブリックホールにてドボルザークのロ短調コンチェルトを演奏する。また、レオ・ヴァイネールのロマンスを演奏して好評を得る。2011年、第7回サンタフィオーラinムジカの室内楽ソリストとして参加をする。オーケストラメンバーとしては日本の東京、サントリーホール、韓国にては、ソウルのアートセンター、アメリカにおいてはカーネギーホールにて演奏を行う。ドイツ、ベルリンコンサートハウスでも好演奏をする。現在、アメリカ、ニューヨークMontclair State 大学にてNicholas・Tzavaras(Shanghai Quartetのチェロ奏者)のもとで研鑽中。
Copyright (c) 一般社団法人 横浜国際アーティスト教育協会. All Rights Reserved.